活用事例・利用方法のご紹介

COLUMN

研修の効果、定量的に測定できないと諦めていませんか?

360度サーベイで研修効果を定量的に測定する方法

研修の効果測定は、永遠の人事課題

みなさんは、研修の効果測定をどのように実施されていますか?アンケートを取っても「良かったです」や「タメになりました」といった定性的なコメントは回収できるものの、研修を実施するに至ったそもそもの課題感がどれだけ解決しているのか、なかなか把握できないのが現状かと思います。それでも、研修を止めるわけにはいかないし、研修ベンダーも推してくるので、と惰性で研修を続けてしまう罠にハマっていませんか?

諦めるのはまだ早い!360度サーベイを活用した研修の効果測定とは?

でも、諦めてはいけません。360度サーベイを使えば、研修の効果測定は可能です。研修内容に即した評価項目を設定し、研修の前後に360度サーベイを実施します。そうすることで、研修によって研修参加者のスキルがどれだけ向上したのか、本人だけではなく周囲の人間から見た定量的な効果を回収することができます。また、研修参加者の全体傾向を見ることで、研修内容の事前調整も可能です。研修ベンダーとの研修振り返り時においても、何を改善していくべきなのか、一目瞭然です。

正しい効果測定を実施して、より良い研修ライフを!

研修は、内製であれ外注であれ、多くの費用と時間を費やすものです。せっかく実施するのであれば、本当に意味のある(効果が出る)研修をしたいところですよね。そのためには、どのような効果が出ているのかを正しく把握することが必要かと思います。研修参加者個々人や参加者全体傾向を正しく把握し、PDCAを正しく回すことで、貴社がより良い研修ライフを過ごすことを願っています!

当社の360度評価支援システムについての詳細はこちらをご覧ください。

少し話を聞いてみたい!という方はお気軽にこちらよりご連絡ください。

360度評価支援システム

資料請求・お申し込みは下記のフォームから行えます

資料請求・お問い合わせはこちら