資料請求・お問い合わせ

活用事例・利用方法のご紹介

COLUMN

360度評価の3つの活用法

360度評価の活用法を、「人事考課」「能力開発」「文化醸成」の3種類に分け、紹介します

360度評価の3つの活用法

360度評価は、あくまで「本人に対して、上司や同僚・部下などの周囲の人間がフィードバックを行う」という評価手法を指すため、活用シーンが定められている訳ではありません。評価項目・実施の時期・メンバーなどを工夫することで、あらゆる人事課題の解決に繋げることが可能です。

360度評価支援システムの導入企業様における活用法を大きく分類すると、「人事考課」「能力開発」「文化醸成」の3種類となります。今回のコラムでは、その3種類の活用法についてそれぞれご説明します。

「人事考課」での活用

まず、「人事考課」です。人事考課とは、従業員に対し査定を行い、適切な処遇を行うことを指します。

360度評価を人事考課に活用する事例としては、
・成果評価以外の行動側面の評価ツールとしての利用
・人事考課の補助材料としての利用
といったものがあげられます。

評価の公平性や客観性が向上する360度評価は、人事考課においても有用性が認められ、多くの企業様に採用されています。

「人事考課」での利用についてさらに知りたい方は、こちらのコラムでより詳細にご説明しております。

「能力開発」での活用

2つ目に、「能力開発」です。

360度評価を能力開発に活用する事例としては、
・役職や入社年次ごとの課題特定ツール
・次の等級や昇進、また正社員登用の際の判断ツール
といったものがあげられます。

360度評価によって提示される、「自己認識」と「他者認識」のギャップの把握は、対象者の自発的な行動変容を促すため、非常に効果的な能力開発の手法と言われています。また、個人レベルではなく、組織レベルでの課題特定も可能になります。

「能力開発」での利用についてさらに知りたい方は、こちらのコラムでより詳細にご説明しております。

「文化醸成」での活用

3つ目は、「文化醸成」です。企業という組織において、より良い文化を育むために、360度評価を活用いただくことが可能です。

事例としては、
・企業理念/行動指針の浸透
・成果評価偏重防止のための”組織ワーク”の定着
・リモート適応度合いのヘルスチェック
といったものがあげられます。

360度評価は、適切な相互フィードバックを促す機会となり、円滑な組織運営を実現します。

「文化醸成」での利用についてさらに知りたい方は、こちらのコラムでより詳細にご説明しております。

あらゆる人事課題の解決に繋がる360度評価

今回は、「人事考課」「能力開発」「文化醸成」の3つの活用法についてご説明しましたが、これは一例に過ぎません。それぞれの課題や目的によって、多種多様な方法でご利用いただくことが可能です。360度評価支援システムは、汎用性・コストパフォーマンスが高いため、1つの企業様において複数パターンの360度評価を運用いただいている事例もございます。

もう少し話を聞いてみたい!という方はお気軽にこちらよりご連絡ください。

360度評価支援システム

資料請求・お申し込みは下記のフォームから行えます

資料請求・お問い合わせはこちら