活用事例・利用方法のご紹介

COLUMN

“360”って何のこと?

360度サーベイ、360度評価のよくある実施方法を一挙ご紹介!

よく聞く“360”って何のこと?

本人に対して、上司や同僚・部下などの周囲の人間がフィードバックを行うことを360度サーベイや360度評価と呼びます。上司からのフィードバックを必ずしも伴うものではなく、上司が部下のみからフィードバックを受けるケースや、顧客からのフィードバックのみを扱うケースもあります。

どのような場面で実施すると効果的なの?

端的に言うと、あるモノサシに対して本人と周囲の認識のギャップがあるかどうかを明らかにしたい場合に効果を発揮します。あくまでもギャップを明らかにする手段なので、360度サーベイや360度評価を実施することで何らかの人事課題が一気に解決するというわけではありません。

どのような項目でサーベイが実施されることが多いの?

あるモノサシに対する本人と周囲の認識のギャップを明確化できる手段なので、以下のようなケースが多くみられます(当社調べ)。
− 階層別の能力として求めること(階層別課題の特定)
− 業務の遂行にあたり必要なコンピテンシー(行動側面の人事評価)
− 企業理念や行動指針(理念浸透)
− 研修内容に即した内容(研修の効果測定)etc.

360度評価支援システムでは何ができるの?

当社の360度評価支援システムでは、360度サーベイや360度評価をご実施いただくためのツールとして、多忙な人事のみなさまの業務効率化をご支援しています。
詳細はこちらをご覧ください。

少し話を聞いてみたい!という方はお気軽にこちらよりご連絡ください。

360度評価支援システム

資料請求・お申し込みは下記のフォームから行えます

資料請求・お問い合わせはこちら