資料請求・お問い合わせ

導入企業様の声

CUSTOMER VOICE

人事部 部長

中村 義明 様

大切なことは、「えがお」コアバリューの浸透・実現。
「えがお」の全部門で360度評価を実施しています。

理念経営を実現する「えがお」では、10項目からなるコアバリューを定めており、コールセンター部門を含めた社員全員で、360度評価を実施しています。四半期に一度の評価においては、本人への素早いフィードバックが重要なため「360度評価支援システム」を導入しました。

評価しやすく、フィードバックも素早くできる

当社では、以前より360度評価を実施していました。しかし、当初のExcelや紙による実施では、評価者の割当、複数人の評価、さらにそれらの集計となると、どうしても手間がかかっていました。

徐々に社員数が増えてくる中で、人事部の負荷は増大し、社内の工数は増え続けていました。結果、外部のツールを検討し、「360度評価支援システム」を導入することにしました。

当社では、全社員を対象に、年に四回という高い頻度で360度評価を実施しています。そこにおいて重要なのは、いかに評価する側の負荷を軽くするか、さらに本人へのフィードバックを早くするか、ということでした。「360度評価支援システム」の導入により、入力のしやすさや集計の速さ、効率性などが向上し、人事部の負荷は大いに軽減しました。その結果、人事評価制度の見直しなど、今まで注力できていなかったところに、力を入れることができるようになりました。

「えがお」コアバリューの浸透・実現を目指して

私たち「えがお」が大切にしているのは、社是や経営理念です。また、評価項目にもなっている10項目からなるコアバリューを非常に大切にしています。もちろん、一番大切なことは「お客様に満足していただく」ことです。そのために、コアバリューの実現は、そこに繋がることだと信じています。そのため、新卒・中途社員の採用においては、このコアバリューへの共感・理解を最重要視しています。

私たちは常に高みを目指していますので、理想は5段階評価において、全員が5を取ることです。しかし、必ずしもそうはなりません。四半期に一度の評価において、一定の点数以下だった場合は、再度個別に面談などを行い、会社全体としてコアバリューの浸透と実現に力を入れています。

360度評価においては、役員、および役職者も同僚・部下から評価を受けます。当社は、素直に意見を取り入れようという社風もあるため、上司が部下から評価を受けることは、良い機会であり、また、普通のことであるとも考えています。

特にコールセンター部門での実施は、
お客様を大切にする気持ちを育てます

「えがお」では、全社で360度評価を取り入れています。特にコールセンター部門において「えがお」のコアバリューを意識してもらうことで、実践に活かせるようにするためです。

当社のコアバリューを実現することは、すなわち、お客様に満足していただけることに繋がります。その結果、社員は対応力に自信がつき、その自信が結果に変わり、さらに評価に繋がる。このように、コアバリューを起点に、とても良い循環が実現されていると思います。

コールセンター部門は「えがお」にとってお客様と直接対話をする、とても重要な部門のため、360度評価によるコアバリューの浸透はとても大切だと考えています。

その他の企業様の声

360度評価支援システム

資料請求・お申し込みは下記のフォームから行えます

資料請求・お問い合わせはこちら